京都祇園観光案内

顔見世始まり胡蝶蘭が乱舞

南座
楽屋口に行列する花屋の車
撮影日 11月30日
場所 南座(四条通り大和大路西入る)
京の師走の恒例行事、顔見世が南座で始まりました、、、、って毎年おない日におんなしネタではつまんないので、ちょっと裏口を覗いてみました。
南座の楽屋口は川端通りに面した西側にあるんですが、今日は川端通り沿いに花屋の車が数珠繋ぎで、どの車にも大量の鉢植え胡蝶蘭が積まれ、店員さんがせっせと楽屋口から南座へ運び込んでおりました。はい、楽屋見舞いのお花です。まさに胡蝶蘭が大乱舞〜ちゅう感じでした。
でも最近胡蝶蘭って「送っておけば高額なプレゼントをした」って証になって、贈る相手の事を一切考えない悪しきギフトの代表みないな気がするんは僕だけでしょうか?本当に花の美しさを愛でて頂きたいが為に送ってる人っているんかな〜?と思う、今日この頃でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください