京都祇園観光案内

大和橋改修

大和橋
撮影日 5月29日 午後1時頃
場所 大和大路白川南通り
大和大路通りの白川に架かる橋、大和橋の改修が完了しました。いえ、実際は今年三月に出来てたんですが、撮影に行くチャンスが無くって(^_^;)
以前は車道部分はアスファルトだったのですが、今回の改修で白川南通とマッチする石畳となりました。
南側の欄干を見てみると「明治四十五年完成」の刻があり「こんな新しいなってるのにサバ読んだらあかんで〜」と思ったら、橋の東側、高欄の上段が改修前の石を使ってる事に気が付きました。今は新しい部分と古い部分の色合いが合わずなんか爺むさいですが、いずれ時が経てばマッチする事でしょう。
花洛名称図会
今回の改修に伴い御影石と思われる碑が橋の横に立てられ、江戸時代の花洛名称図会の絵(画像右)と共に解説が書いてあります。江戸時代の白川は今の倍の川幅があったようです。
しかしこの絵には桜が全く見られません。今の面影を残すのは柳の木だけのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください