京都祇園観光案内

寺の財務・事務管理に強い味方 禅文研のPCソフトが人気

 寺院の財務や事務の管理を助けようと、禅文化研究所(京都市中京区)が作ったパソコン用ソフトが人気を呼んでいる。お寺独特の行事や用語にも対応している上、「市販のソフトより安価で簡単」と利用者の反応も良く、同研究所は墓地管理などの新ソフト作成も予定している。:Kyoto Shimbun News 2004年9月7日(火)
なんとな〜くわからない、お寺の台所事情の一端を見たようなニュースで気になりました。
「過去帳など檀家管理機能も充実させた」そうです。ちゅうかそれが一番大事なんとちゃうん? 一番の収入源なんやし。観光寺院以外は。
お寺さんと言えば、本堂の改修とかの度に寄進を求めるのはええんですが、金額と名前を明記した木札を寄進金額順に並べて誰でも見える所に並べるんはあかんのちゃうなか〜と思てます。
年金暮らしのお年寄りの10万円と会社社長の100万円、金額で並べられるものでは無いと思うんですよね。 お金の重みが違いますもん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください