京都祇園観光案内

床開きの準備始まる

床開きの準備始まる
撮影日 4月24日
場所 鴨川四条大橋より西(団栗橋より撮影)
京都の夏の風物詩「鴨川の床」の床開きは6月のはずなのに、4月の末の今日、早くも床の設置作業が始っています。
不景気の影響で少しでも売上げをと店主の要求でしょうか?、開始を一ヶ月速めたそうです。
「夏の風物詩なのに、、情緒が無くなる」と思われる方もいらっしゃるでしょうけど八月あたりの熱帯夜にヤブ蚊と戦いながら床で食事するよりも、快適な気候の五月に食事するほうが、クーラー慣れした現代人に向いていると思います。
丁度、先斗町の歌舞練場で「鴨川をどり」も開催されています。
をどりと床で京情緒を満喫できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください