京都祇園観光案内

歌舞練場で防災訓練

祇園後部歌舞練場で弥栄学区自主防災訓練が行われました。
051029d.jpg
午後二時、歌舞練場前に弥栄自主防災会や弥栄消防分団、東山消防署が集合、歌舞練場の隣はJRAのWINSがある為、土日はものすごく車や人が多いのですが、訓練中花見小路通への車を通行止めして訓練が開始されました。


051029a.jpg
消火器訓練の模様です。 消防署の方が横について、消火器の使い方を参加者に指導します。参加者には舞妓さんの見習いさんなどの姿が見られました。 
051029b.jpg
消火完了。 消火器での消火は炎にめがけて消化剤をかけるのでは無く、炎の根本をめがけて消化剤をかけるのがコツだそうです。
051029c.jpg
消火栓からの放水訓練です。結構な水圧があり歌舞練場の門あたりまで放水が届いてました。
この後、バケツリレーの訓練や動力ポンプでの消火訓練がありました。
地元消防団に配備されている動力ポンプは、阪神大震災の際、断水で消火栓が全く使えなかった事や、消防車の一がまったく足りなかった事、道路が寸断され消防車が現場にたどり着けなかった事から消防団に配備されたそうです。 
「備えよ常に」ではありますが、このような訓練が役に立つ事が無い様願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください