京都祇園観光案内

まねきが上がりました

11/30より師走恒例 顔見世興行が行われる南座で、勘亭流という独特の書体で書かれた歌舞伎俳優の看板、いわゆる「まねき」が上がりました。
061125a.jpg
南座がこの面持ちになると、京都もいよいよ師走ムードが高まってなんとなく気ぜわしくなります。
しかしこの京都南座、顔見世興行は毎年大入り満員となるものの、その他の興行の入りはイマイチぱっとせず赤字になる事も多いとか。 
同じ演目をやるなら長期間公演出来て舞台設置コストが割安くなる大阪や東京の方が儲かるので、全く何にも公演されない事が半月続くなんて事もあるようです。
日本最古の劇場を守る為にも、京都へご観光の際にはぜひ南座でご観劇下さいますよう御願い申し上げます。
→松竹株式会社 京都四條南座について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください