京都祇園観光案内

祇園祭

今年の梅雨は空梅雨かいなて思うてたら、後半になってよう雨が降って、おまけに梅雨明けもせんうちから台風まで。これで夏の水不足は解消されまっしゃろけど、雨ん中の鉾建てはご苦労さまどした。
久しぶりに花見小路を歩いてみたら、この暑いのに結構な人出でことに最近は外人の団体さんが多いような気ぃがします。
「お越しやす、長いことどしたな」


「外は暑いわ、懐は寒いわで、どんならん」
久しぶりに覗いた宿坊も、暑さのせいか、時間がまだ早いのか誰もお
客はおりまへん。
「ほな、○×ちゃんたんねてくれるか?あの妓の勝山も今年で見納め
やろし」
舞妓ちゃんらも、※1祗園祭のあいさは「勝山」ちゅう期間限定バージョンの髪形に結うて、「梵天」ちゅう髪飾りを付けんのどす。もっとも、これが許されるのんは、3年目位からの舞妓ちゃんに限られてますけど。
勝山
[勝山]
「こんばんは〜、おおきにお父はん。けどしばらくどしたなぁ」
「そない長いこと会うてへんかいな」
「へぇ、五花街のとき以来どっさかいに、かれこれ一月は」
「そんなもん、ついこないだやないか。それよか、今年はもう鉾観に行ったか?」
「いや、それがまだ行けてしまへんね。連れとぉくれやすか」
「ほな、明日にでも行こか。けど、そんな格好やと目立つし暑いし、浴衣で※2おいないや」
二条の豚カツ屋さんで夕食を済ませて、室町通御池あたりから南へ下って行きます。で、どこまで四条通まで近づけるかは体力次第ちゅうことになりますな。三条通あたりから、山が建ち並んでまいります。一番上が鈴鹿山、役行者山あたり。ここらはまだ歩けますけど、蛸薬師通当りから段々と人出が増えてまいります。
宵山の風景
「お父はん、烏丸通も※2この時間ホコ天になってまっさかいに烏丸出てみまひょな。夜店もぎょうさん出てますしぃ」
「あ、また食べもんかいな。さっき晩ご飯たべたとこやない」
「まぁ、ベビーカステラも捨て難いんどすけど、金魚すくいがしてみとぉすねん」
「金魚すくいて、そんなん持って帰ってどないするん?」
「へぇ、屋形の猫にお土産にでもて。あ、嘘どっせ、白川にでも放したげます」
白塗りのときには、小ませた感じどすけど、無邪気に金魚すくうてるとこは、普通の19歳、そこらの女子大生とおんなじどす。結局3回チャレンジして、5匹をすくうたんどす。
また、四条通を目指して歩き始めたんどすけど、段々と人が増えて来て、歩みが遅うなってまいります。ようやく交差点が見えるとこまで来たとこで、あまりの人混みにギブアップ。また御池通へとUターン。長刀鉾の粽も換えんとあかんのどすけど、また宵山の※3日和神楽のときにでも貰いましょ。
あ、帰り道でしっかりとベビーカステラを買わされました。
※1 祗園祭のあいさ  正確には10日の鉾建ての日から24
            日の還幸祭まで。
※2 交通規制     14日 18時〜23時
            四条通 川鰭通〜堀川通
            烏丸通 御池通〜高辻通
            15・16日 18時〜23時
            四条通 東大路通〜堀川通
            烏丸通 御池通〜高辻通
※3 日和神楽     宵山の夜10時頃から各鉾町から小さ
            な山車に囃子方が着いて、お旅所まで
            明日のお天気を祈願してお詣りに行き
            ます。で、各鉾町はそこで帰るのです
            が、長刀鉾のだけが八坂神社までお詣
            りします。その帰りに祗園街にも寄っ
            ていくのです。

One comment

  • ぼんご♪

    こんにちは。
    祇園祭ですかあー
    観たことないので行ってみたかったのですが
    来年にお預けですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください