京都祇園観光案内

京都クラフトセンター、来年1月末に閉館

 陶磁器や染織、扇子など京都の工芸品を展示・販売する京都市東山区の「京都クラフトセンター」が、来年1月末で閉館する。四半世紀以上にわたり四条通沿いの祇園で観光客向けの施設として親しまれたが、建物の所有者の意向で立ち退く。移転して営業を再開するかは未定。観光客らから惜しむ声が出ている。


ここ最近八坂神社石段下から南座までの祗園商店街は、店舗の出入りが非常に活発になっております。


有名店の出店などが増え、観光客の皆様には魅力的な町へと変わっていってると思います。
が、その反面古くから商いをされていた個人商店的な店はどんどん減ってる訳で、地元民としては一抹の寂しさを感じたりしております。

 同センターが加盟する祇園商店街振興組合は「クラフトセンターは商店街の顔の一つだった。後には、商店街や祇園のたたずまいや実情を理解し、根を張って営む店が来てほしい」としている。


祇園商店街さんのおっしゃる通り「祗園らしい」再開発がされる事を希望します。
→詳細は京都新聞ウェブサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください