京都祇園観光案内

都をどり

寒さがいくぶん和らぎ、サクラの花がちらほら咲く頃、祇園甲部歌舞練場で「都をどり」が4月1日から30日まで約一ヶ月に渡り、公演されます。
都をどり
「都をどり」は東京遷都により、京都の没落を恐れた京都の町衆が「なにか京都の活性化を」と官民一体となり京都万博を開催し、その中のビックイベントとして明治5年に初回が開催されました。
以来戦争で中断した年はあるものの、100年以上続き平成17年で第133回目となりました。
すっかり京都の春の風物詩となった「都をどり」、京舞(井上流)の雅びを御紹介します。


祇園甲部歌舞練場地図
まずは、甲部歌舞練場の場所を御案内します。
祇園を中心に半径1キロの中に祇園甲部、先斗町、宮川町の3つの歌舞練場があります。
道を尋ねる時は必ず「祇園甲部歌舞練場」と尋ねてください。 イケズな京都人に他の歌舞練場を教えられるかもしれませんし(笑)
四条花見小路交差点(角に一力茶屋)を下がり(京都では北行きを「上がる」南行きを「下がる」といいます)両側に並んだお茶やさんなどの町家を眺めながらぶらぶら五分程歩くと左手に歌舞練場が見えます。
歌舞練場の外観
正面と右側に純和風の建物が見えます。
左手には明治期ぐらいでしょうか?洋風の建物があります。祇園コーナーと呼ばれる建物です。
観光ツアーのコースに入っているのでしょうか?たくさんの観光バスが停まっています。
一般入口
一般の入場券をお持ちの方は正面の入り口から入場します。
一般ロビー
入ってすぐのロビー(というより待合い室という雰囲気)には京都の名産品などを品揃えした売店などがあります。 花街マニアの必須グッズ、芸舞妓さん全員の顔写真が掲載されてるパンフレットもここで販売しております。
お茶券付き用ロビー
お茶券を購入された方は右側の入り口よりの入場となります。 入ってみましょう。
入って正面に舞子さんの作品が展示してあります。
千鳥酢の展示
通路に沿って歩くと京都の名産品の展示スペースがあります。お茶、漬物、和菓子など京都の有名店の商品見本が、、、 あ、これは 村山本家の「千鳥酢」です。
ここのお酢はまろやかで美味しいんですよねえ〜
藤村屋でも取り扱っています。、、、すみません。ちょっとは藤村屋の宣伝もせんとオヤジの怒られるもんで!
控えの舞妓さん
こちらがお茶席です。 一番前で芸妓さんがお茶のお点前を披露しています。 芸妓さんと控えの舞妓さんがワンセットでお茶席を務めはります。
芸妓さん
う〜ん。なんといいますか。
舞子さんが「キュートなかわいらしさ」ならば、芸妓さんは「麟とした美しさ」とでも表現しましょうか。  こんなに間近で見られて幸せにございます。
さすがに皆さん(お茶席は80人ぐらいか?)の分のお茶は短い時間で入れられないので、あとはお運びさんが配ってくれます。
舞妓さんが直接お茶を運んでくれるのは普段から祇園町で遊んでおられる旦那衆である事が多いです。お茶屋のお母さんが最前列を押さえお茶を運ぶように舞妓さんに手配しております。 もし一般で行って舞妓さんにお茶を頂けたらものすごラッキーだと思います。出来るだけ最前列に座ると良いかと思います。
和菓子が乗っている小皿は祇園甲部のシンボルマーク「つなぎ団子(つらね団子)」がデザインされてます。持ち帰っていいので、ちょっとした記念品になります。
通路
「そろそろ開演のお時間です」との声がかかり、お茶を済まして席を立ちます。
劇場への渡り廊下からすばらしい中庭が見えました。
中庭
美しい日本庭園にはちょうど桜が満開です。 時間があれば中庭に降りてのんびり散歩する事も可能です。
劇場内
こちらが劇場です。 そんなに大きく無いのですが、やはり歴史の重みを感じる造りです。
さあいよいよ開演です。

要QuickTime plug-in(750KB)
出演者が総べて女性ですから、宝塚歌劇の和風版とも思えなくとも無いですが、演奏する地方さんも総べて女性なんでこっちの方が上だ、、歴史も古いし、、、としょうもない事を考えてしまいました。

第136回 都をどり 都今源氏面影
開催日:
2008年4月1日〜30日
12:30、14:00、15:30、16:50
開催場所:
京都市 祇園甲部歌舞練場
料金:
茶券付特等観覧券 4,300円  壱等観覧券 3,800円  弐等観覧券 1,900円
主催者:
京都市観光協会、祇園甲部歌舞会
問い合わせ・チケットの入手:
祇園甲部歌舞練場 075-541-3391
都をどり公式ウェブサイト http://www.miyako-odori.jp

5 comments

  • 京都

     みなさんこんばんは。卯月ですね。今日は通勤の電車でも新入社員たちの姿が目につきましたね。初々しいスーツ姿で、見ているこちらも少し気が引き締まります。新年度も今…

    返信
  • 祗園コーナーですが、弥栄会館と呼ばれる正面の建物は、昭和11年(1936年)竣工です。ちなみに歌舞練場は大東亜戦争中、座席を撤去して「ふ号作戦」に使用される、風船爆弾の工場でした。

    返信
  • 八代目

    もうお亡くなりになられましたが、お天気キャスター福井敏雄さんが研究してたってヤツですね。「ふうしぇんばくだんを研究しておりました」とテレビで言うてはりました。
    カリフォルニアだったかに届いたものもあったそうで、アメリカ本土を唯一爆撃した近代兵器(?)だったと記憶してます。

    返信
  • 桜が開花しました

    3月24日に京都でも開花宣言がありました。 例年より一週間早いそうです。 祇園白…

    返信
  • Mさん

    都をどりの を は 何故 お を使わないのですか?教えてください。

    返信

Mさん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください