京都祇園観光案内

祇園祭と幕

祇園祭の期間中は、八坂神社に近い各商店街も祭の粧いとなります。
八坂神社に近い三商店街の飾り付けを比べてみました。
まず四条繁栄会商店街振興組合(四条通り 四条大橋西詰め-烏丸)ですが、吉符入りの7月1日からアーケード下に提灯が飾られてます。
四条通の祇園祭時期飾り付け
八坂神社社紋(しゃもん)の五瓜に唐花右三つ巴が染め抜かれてますな。

河原町商店街
(河原町通り 三条-四条間)も同じく7月1日から、アーケードに幕が下がりました。
河原町通りの幕
080715c.jpg
八坂神社のお膝元、祇園商店街では7月1日では無く、7月10日から祇園祭の飾り付けとなります。
これは祇園祭の神事としての正式な期間が、神輿洗いの始まる7月10日から神輿洗いが終わる7月24日までとされ、八坂神社の本殿に幕がかけられる期間も10日から24日となっており、お膝元の商店街としては、神事のしての祇園祭を大事にしようという観点から、その期間のみ幕が下げられる事になっております。
080715d.jpg
祇園商店街ではさらに、八坂神社お膝元の祗園町で行われる祇園祭を紹介するボードをアーケード下に今年から設置しました。
080715e.jpg
080715f.jpg
祇園祭というとどうしても山鉾巡行がメインと思われがちですが、神事としての行事は八坂神社や祗園町で行われるものがたくさんあります。
そういった行事を写真パネルで紹介し、四条大橋東詰め南座前から祇園石段下まで、四条通りのアーケードの両側をぐるり歩いて頂けると、祗園町で行われている祇園祭の神事がわかるような写真展です。

3 comments

  • お久し振りで御座います。
    今、京都はお祭りで賑わっているんでしょうね。
    ワタシ、8月1日の夕方に祇園界隈にお邪魔するのですが、
    もうお祭りは終わってしまっているのでしょうか?

    返信
  • 八代目

    お祭りは終わってますが、その日は八朔(はっさく)ですね。
    午前中においでになれば、黒紋付で挨拶回りに歩かれる芸舞妓さんが、見られますにゃけども。
    http://www.kyoto-gion.org/archives/2004/08/post_23.php

    返信
  • 八代目さん
    週末、カミサンとムスメを連れて買い物に行った折、祇園界隈を散策してきました。
    そして、藤村屋さんを発見!しました(笑)。
    また、寄らせていただきます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください