京都祇園観光案内

祇園町で自主防災訓練

温習会の飾り付けも終わった祇園甲部歌舞練場前で、弥栄学区自主防災会主催の防災訓練が行われました。
080927a.jpg
消防署員さんの天ぷら火災についての説明を熱心に聞く自主防の皆さん。
布かぶせるとかマヨネーズを入れるとか言われますが、やはり専用の消火器具が一番効果が高いようです。 天ぷら鍋ならホームセンターなどで千円以下で売ってる油火災専用の消火器で良いみたいです。


080927b.jpg
消火器を使った消火訓練
080927c.jpg
バケツリレーなどが行われました。
祇園町は伝統的街並が多く、火災や地震に弱いと言われる町家が沢山あります。 開会式の際、自身も消防団員でいらっしゃる中野洋一京都市市会議員が「大震災の際に消防は来ません。だから地元住民の手での防災活動が大事なんです」というような事をおっしゃいました。 阪神淡路大震災の経験はここでも生かされています。

One comment

  • 奈留

    関係ないことで、大変申し訳ないのですが
    舞妓さんは高校を卒業してからでもなれるのですか?
    それとも、花街に知り合いがいて、つてがないとなれないのでしょうか?
    お願いします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください