京都祇園観光案内

板を叩いて拝みます 京都 ゑびす神社

役職柄、八坂神社の蛭子祭の事ばっかりこちらのブログに書かせて貰いましたが、京都でえびすさんちゅうたら、一番有名なんは西宮・大阪今宮神社と並んで日本の三大えびすとして知られている京都ゑびす神社の十日ゑびす大祭どす。
kenllRIMG0103.jpg
ゑびす神社のあるのは、大和大路通りを八坂通りから少し北へ行ったとこなんどすが、参道は期間中歩行者天国に、四条通りからずらーと露天が並び、毎年ぎょうさんの人で賑わいます。
今年は週末と連休が重なり日まわりもええさかい、更にぎょうさんの人で賑わうかと思います。
僕も家が近かったもんで子供の頃はまだ冬休み明けの半ドン授業をええ事に、お昼過ぎから夕方まで露天で買い食いして遊んだもんどす。
「祭=えべっさん」ちゅう脳内図式が出来上がってまして、この歳になってもなんやウキウキワクワクすんのどす。
070111e.jpg
070111f.jpg
もちろん目当ては前田のベビーカステラとか昔から団栗通りの角に出る串カツとかのジャンクフードなんどすけども。
こちらの恵美須さんで、たぶん、、、どすが他のえびす神社には無い変わったお詣り方法があるのをご存知どっしゃろか?


kenllRIMG0091.jpg
まずは普通に大和大路通り側から境内に入って本殿で拝んでもらうんどすが、
kenllRIMG0093.jpg
拝み終わったらUターンして戻るんやなしに、そのまま本殿の左側の通路へ向かいます。
kenllRIMG0095.jpg
kenllRIMG0099.jpg
ちょうど本殿の横、中央よりじゃっかん後ろ部分の壁板を
kenllRIMG0096.jpg
kenllRIMG0097.jpg
トントンと叩きますねん。
これはえびすさんがお年寄りの神さんで、ちょっと耳が遠くなってはるさかい、本殿前の鈴ならしただけでは気ぃついて貰えへん。
本殿の奥、神さんの居てはるすぐ横の壁をドンドンと叩いて「お詣りに来ましたでぇ」とお知らせするんやそうです。
ほんで、そのまま神社の裏側、宮川町方面へ抜けて帰るんどす。
西宮とか今宮戎に比べて境内が狭い京都のゑびす神社、お詣りが終ったら露天の並ぶ大和大路通り側入り口へ戻りたいのが人情なんどすが、それを皆がしはると境内が込み合って大混乱になります。
ほんであんじょうに裏口に抜けるようなお詣りルートとなっております。
これ、上手い事出来たるなぁとホンマ感心します。
———————————————————
祭礼は1月8日から12日の5日間
【京都 ゑびす神社への行き方】
京阪電車 祇園四条駅下車
阪急電車 京都線 河原町駅下車
四条通りを八坂神社方面へ、松竹南座の前を超えて最初の交差点を右(南)へ
○公式サイト
http://www.kyoto-ebisu.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください