京都祇園観光案内

川床

毎年、ゴールデンウィークが過ぎると鴨川べりのお店で、川に張り出した床・ゆかを出さはります。6月1日から9月末までやったんが、去年からゴールデンウィークのお客はんをあてこんで5月1日から、上は二条から下は五条まで約70軒のお店が営業したはります。
この床、写真とかで見るといかにも涼しげで、隣に舞妓ちゃんでも侍らしてんの見たら、なんちゅう贅沢なて思わはりまっしゃろ。ところが、実際に行ってみはったら分かるて思いますけど、とにかく暑い、虫が多い、ビールはすぐにぬるなるし、お刺し身は干からびてきます。
「○×ちゃん、今度ご飯食べしたげよか?」
「いやぁほんまどすか?うれしおすぅ。で、どこ連れとぉくれやすのん?」
「せやなぁ、△△の床でもどうや?」
「×○はんのいけずぅ、それやったらうちはよろしおすわ。他のお姉さん誘うとぉくれやす」
ちゅうかんじで、特に舞妓ちゃん等には不人気どす。そらあないな格好して、座ってたらたまりまへんで。頭は一週間も洗うてへんさかい「お姉さん、頭痒ぃわ」ちゅうて簪の先でカリカリ、「なんや白粉が汗で流れて来そうどす」ちゅうて部屋に避難…舞妓ちゃんにとって、一番嫌いなお座敷どすて
そんなんで、地元の者はめったなことでそないなとこ行かしまへん。他所からのお客はんが連れて行けて云われて、百歩譲って行くんやったら夜の9時過ぎどすなぁ、料理はいりまへん。よう冷えたビールを少しづつ運んで貰う。虫が嫌いなお人は連れて行かへん、ちゅうとこどっしゃろか
おんなじ床でも、涼しいとこもおす。そう貴船・きぶねの床どす。ここは市内と比べて気温が5度は低おす。おまけに鴨川の床は、川面から3メーターくらい高いとこどすけど、ここは床から足を水につけられる位どす。ほんでその水がまた冷とおすねん。そら真夏の暑い日ぃに来て、足水につけながら「すき焼き」食べたら美味しおっせ。まわりに舞妓ちゃんがおったら云うことなしどす。貴船のある料理屋はんでは、一見さんでも舞妓ちゃんを呼べんのどすて。(宮川町の舞妓ちゃんどす)
舞妓ちゃん二人・90分の基本料金が65,000円
1名追加で31,000円
30分追加ごとに各5、000円どすて。 あ、もちろん料理は別料金どすえ〜
興味のあるお方はどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください