Top / 01-祇園写真日記 / 祇園町御連中

« 南座前に駐輪場 | メイン | 事始め »

祇園町御連中

祇園町御連中

南座前にこの看板が置いてある日は、花街の芸舞妓さんが歌舞伎を鑑賞に来る日、いわゆる総見です。

桟敷席にずらっと並ぶ芸舞妓さん、それは素晴らしく壮観らしく、この日を狙ってチケットを取る一般客さんも多いらしいのですが、京都五花街がそれぞれ一日、5日しか無い訳ですから、総見の日のチケットはプレミアがついて10万円というのも珍しく無いとか。

ちなみに毎月変る舞妓さんの簪(かんざし)、今月はまねきをかたどったもので、総見の日に好きな役者さんに書いて貰うそうです。
祗園町の舞妓さんの簪で今年の一番人気役者さんがわかるそうで、今年は勘三郎さんの楽屋が長蛇の列になったとか。

トラックバック/Facebook

このエントリーのトラックバックURL:
http://kyoto-gion.org/mt-tb.cgi/611

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


関連サイト

スポンサード リンク

About 祇園町御連中

2006年12月05日 13:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「南座前に駐輪場」です。

次の投稿は「事始め」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

このブログのフィードを取得
[フィードとは]